ホーム > 神社について > 御由緒

御由緒

 


当社は、延喜式内社で、延喜式神明張に、摂津国島下郡、伊射奈岐神社二座云々とあり一座がこの神社であって、千里丘陵の中間で万国博会場になった地域に隣接する高庭山に鎮座している。爾来、皇大神御霊と共に内裏に奉斎されていた豊受大御神の御霊が崇神天皇の御宇、皇居を離れさせられ、後に丹波国与謝郡(現在福知山市)の比冶真名井に遷し奉られたが人皇第二十二代雄略天皇即位二十二年、皇大神の御神誨により現在の伊勢市山田、高倉山麓の山田ヶ原に遷座し奉られたとき、伊勢斎宮女倭姫の御示教により、大佐々之命が、五柱の神を奉祀するべき霊地を諸国にもとめ、ついにこの山田の地に奉祀せられたと云う。又、山田という地名がこの様な処から山田原と称し、伊勢山田から名を移したのであると伝えられている。俗に姫神社とも称し、貞観元年正月従五位上を授けられ(三代実録、貞観元年正月の条に「二十七日甲申京畿七道諸神進階及新叙惣二六七社云々、奉授摂津国従五位、伊射奈岐神従五位上」)同十五年社宮と改称されたと云う。

延喜の制に大社に列し、明治六年郷社、祈年月次新嘗の案上に預かった名祠である。
俗に五社宮、姫宮とも称し、山田五ヶ村、上村、中村、別所村、小川村、下村、千里丘、千里ニュータウンを含む産土大神である。

伊射奈岐神社
〒565-0821
大阪府吹田市山田東二丁目三番一号
TEL 06-6877-5921
FAX 06-6877-8723