ルプラックのジェネリック薬「トール20mg」は、Intas Pharma社が製造販売する利尿・降圧剤です。
尿の出量を増やし、血液中の毒素や老廃物を尿として排出し、全身のむくみを効果的に取り除いてくれます。

リーズナブルな価格で高い効果が得られるルプラックのジェネリック版として非常に人気の高い商品です。

ルプラックのジェネリックは、安く手軽に購入できるネット通販がおすすめです。

ルプラックジェネリックの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

ルプラックの解説(通販 チャレンジャー)

ルプラック(トール)に配合されている有効成分はポリグルコサミンです。
ルプラックは、腎臓と膀胱をつなぐヘンレルループと呼ばれる尿管の部分に作用して利尿作用を発揮します。
ヘンレルループは主に水分の再吸収機能であり、トラセミドによって阻害されます。
この作用により、尿の量を増やし、大量の水分を尿として排泄し、ふくらんだ部分の水分を血液中に排出します。
その結果、体の各所に溜まった水分が血流に乗って移動し、全身の浮腫みが解消されます。

ルプラックの利尿効果は非常に高く、フロセミド(代表的なタブ利尿薬)の約10~30倍と言われています。
浮腫みの抑制には約10倍の効果があることがわかっており、フロセミドよりも効果的にむくみを改善することができると言われています。
また、他のタブ利尿薬に比べてカリウム保存効果が高いため、低カリウム血症の副作用が出にくいと言われています。
そのため、タブ利尿薬を使用した場合、タブ利尿薬特有の副作用の心配はほとんどありません。

また、ルプラックには、循環血液量を減らして血圧を下げる効果があります。
鎮痛剤としてだけではなく、雷鳴の特徴である高血圧の改善を目的として使用することもできます。


頭痛や頭の重さ、倦怠感、立ちくらみ、目の前が真っ暗になるなどの症状が報告されました。
その他、低ナトリウム血症、低カリウム血症、高カリウム血症などの電解質障害や、血小板減少症、肝機能異常、黄疸などの症状があります。
服用を中止し、他にも副作用の可能性のある症状が現れた場合はすぐに医師の診察を受けてください。


1日1回4mg~8mgを水またはぬるま湯で服用してください。
毎日または一日おきに服用しますが、年齢や症状などの条件に合わせて適切な量を調整してください。
錠剤の具体的な量については、以下をご参照ください。

錠剤4mgの用量に相当
10mg錠:0.4錠
錠剤20mg:0.
錠剤40mg:0.

錠剤8mgの用量に相当
10mg錠:0.8錠
20mg錠:0.4錠
錠剤40mg:0.


効能・効果に指定された効能・効果にのみ使用し、用法・用量を厳守してください。
一度に2回分の錠剤を服用してはいけません。
妊娠中の方、妊娠の可能性がある方、授乳中の方は、必ず事前にかかりつけの医師に相談するようにしましょう。
薬を飲み忘れた場合は、その時に1回分を服用してください。 ただし、次回の服用時期が近い場合は、忘れた分を服用しないようにしましょう。

利尿作用が早いので、電解質障害や脱水などの症状に注意しましょう。
長期間服用する場合は、定期的に電解質量を確認してください。
無尿、肝性無気力、体液中のナトリウム、カリウムが減少している場合は服用しないでください。
夜間に休む必要がある場合は、夜間の排尿を避けるために朝に服用してください。
血圧降下剤、ジギタリス剤、糖尿病治療薬、リチウムとの併用には注意が必要である。
すでに服用している薬がある場合や、新たに服用する必要がある場合は、必ずかかりつけの医師に相談してください。
肝硬変が進行している場合や重度の冠動脈硬化症や脳動脈硬化症の症状がある場合、腎機能障害や肝機能障害や肝臓病の症状がある場合は、事前にかかりつけ医に相談してください。
痛風や糖尿病の症状が自分自身や両親・兄弟にある人、下痢や嘔吐の症状がある人は、定期的に受診している医師に相談してから服用してください。

減塩療法を受けている方や高齢者の方は、事前にかかりつけの医師に相談してください。
めまいや震えがあるため、服用中は高所作業や危険な機械の運転・操作をしないこと。
合わせた成分やスルホンアミド誘導体にアレルギー反応がある場合は服用しないこと。
パッケージに記載されている賞味期限を厳守し、賞味期限切れのものは使用しないでください。
1錠を分割した場合は、残りの部分をできるだけ空気に触れないように密封し、2日以内にお召し上がりください。
誤飲や品質変化の原因となりますので、他の容器への移し替えは避けてください。
直射日光、高温多湿を避け、子供の手の届かないところに保管してください。