ルプラックジェネリック「トール20mg」は、インタス・ファーマ社が製造販売する利尿薬です。

体内の余分な水分や老廃物、塩分を排出し、むくみや血圧を下げるなどの効果を発揮します。
これにより、むくみや高血圧などの症状を改善しながら、心臓への負担を軽減することができます。

トラセミドが20mg配合され、国内で処方されるルプラック錠と同様の効果が期待できます。

ルプラックのジェネリックは、安く手軽に購入できるネット通販がおすすめです。

ルプラックの公式通販サイト

 

 

 

 

 

 

ルプラックの解説(通販ショッパー)

ルプラックのジェネリックに含まれる有効成分は、トラセミドと呼ばれる成分です。
トラセミドはタブ利尿剤と呼ばれる成分で、利尿剤に使われている成分の中では最もよく効く成分です。
腎臓と膀胱をつなぐヘンリープと呼ばれる管に作用し、塩分やカリウムの吸収を阻害するのが特徴です。

また、余分な水分の吸収を抑制して尿の量を増やし、塩分やカリウム、老廃物とともに体外に排泄されます。
これにより、体内の水分量や塩分・カリウムの量をコントロールすることで、むくみを解消し、全身を快適な状態にすることができます。
また、液体の量をコントロールすることで血行にも影響を与え、血圧の上昇を抑え、高血圧を解消します。

レプコセット属は利尿作用だけでなく、抗アルドステロン作用もあります。
カリウムの排泄を抑制し、利尿薬の一般的な副作用である低カリウム血症の発生を抑える効果があります。
脂質代謝や耐糖能への影響が少ないため、脂質異常症や糖尿病をターゲットとした医療用医薬品との併用もしやすくなります。
このような特徴から、ルプラックジェネリックは使いやすい利尿薬の一つとされています。

効能で指定された目的にのみ使用し、用法用量を厳守してください。
無尿、肝性無気力、体液中のナトリウムやカリウムの量が著しく減少している場合は服用しないでください。
重度の冠動脈硬化症や脳動脈硬化症、肝臓病や腎臓病、糖尿病、痛風の症状がある方は、事前にかかりつけ医にご相談ください。
減塩療法中の方や高齢者が服用している場合は、事前に定期的に受診している主治医に相談してください。
特に夜に休む必要がある場合は、朝に服用することで夜間の排尿を防ぐことができます。

有効成分の効果なので、服用後1時間程度はトイレに行きたくなるのでご安心ください。
血圧を上げるアミン類、血圧を下げる薬、ジギタリス、糖尿病の薬、リチウムなどとの併用には注意が必要です。
すでに特定の薬を服用している場合は、併用できるかどうかをかかりつけの医師に聞いてみましょう。
服用を忘れた場合は、気がついた時に服用しましょう。 次回の服用時間に近い場合は、1回分を飛ばして、同じ日の量を服用してください。

一度に2錠分を服用しないように注意してください。
運転したり、危険な機械を操作したり、高いところで作業をしたりしながら取ったりしないでください。
1錠を分割した場合は、残りの1/2錠を密閉容器に入れて保管し、2日以内にご使用ください。
本品に含まれる有効成分にアレルギー反応がある場合は服用しないでください。
パッケージに記載されている賞味期限を厳守し、賞味期限を超えたものを摂取しないようにしましょう。
誤使用や変質の原因となりますので、他の容器に移し替えないでください。
保管の際は、直射日光や高温多湿の環境を避け、お子様の手の届かないところに保管してください。

1日1回5~10mgを水またはぬるま湯で服用してください。
毎日または一日おきに服用しますが、年齢や症状などの状況に応じて服用量を調整してください。
初回は4mgからの服用をお勧めしますので、初回は4mgからの服用をお勧めします。

めまい、ふらつき、疲労感、血液疾患などの症状が報告されています。
黄疸、血小板減少、血中カリウムの異常変動などの症状が出ることがありますので、これらの症状が出た場合は服用を中止して医師の診察を受けてください。