ラシックスはアベンティスファーマ社が開発・製造している医薬品で、利尿作用に優れています。
利尿剤として、体内に溜まった余分な水分を特異的に排除するのが特徴です。

降圧作用も含まれているので、特に高血圧の治療などに使われますが、心不全や月経前の緊張などの浮腫みの緩和にも使われます。

2019年にラシックスは個人輸入が規制され、今はどこの通販サイトでも販売されていません。
ラシックスの代わりとしては、ルプラック(有効成分:トラセミド)が人気で、そのジェネリックは現在でも通販で個人輸入可能です。

ルプラック(ラシックスの代わり)格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

ラシックスの解説(通販シンフォニー)

腎臓で作られた尿が尿道を通過する際に、アミノ酸や糖分、水分が血管内に再吸収されます。
特にヘネップという器官は水分の吸収に大きく関わっており、その働きを阻害することで余分な水分が尿として排泄されます。
ラシックスにはフロセミドという成分が含まれており、この成分がハンナリングに作用して水分の再吸収を抑制し、尿の量を増やします。
また、この時に余分なナトリウムも一緒に排泄されるので、血管壁のナトリウムを減らして血圧を下げる効果があります。

これらの効果を心配して、むくみ解消のためにラシックスを服用する人が増えています。
むくみは体内に余分な水分が溜まることで起こりますが、むくみには水分だけでなくナトリウムも関係しており、体内のナトリウム濃度が高いほど水分を多く取り込んでしまいます。
ラシックスを取ることは、余分な水分とむくみの原因となるナトリウムの両方を減らすことができますので、むくみを持つ人々に特に顕著です。

ラシックスの反復投与は、カリウム欠乏症を引き起こす可能性があります。
そのため、ラシックスを服用する際には、カリウム不足にならないようにカリウムサプリメントなどでカリウムを補う必要があります。
また、降圧剤やACE阻害剤などの医療用医薬品の一部と併用することで、降圧効果を高めるだけでなく、高血圧や腎機能の悪化の可能性もあるので注意が必要です。
水分不足につながる利尿などのケースもありますので、適切な水分補給も必要です。

薬の使用に禁忌はありませんが、注意薬の使用としてアミン類や降圧剤、アミノグリコシド系抗生物質などの上昇があります。
他の薬と併用すると強い副作用が出る可能性があるので、服用前に医師に相談することをおすすめします。

直射日光の当たらない湿度・温度の低い場所で保管してください。
また、お子様が誤って飲まないように、お子様の手の届かないところに保管してください。

主な副作用としては、食欲不振や下痢、吐き気、嘔吐などの症状があります。
また、頭痛や血圧低下によるめまいや脱力感も副作用として報告されています。
軽度の副作用は薬の効き目に合わせて治まっていきますので、心配する必要はありません。

1日1回40~80mgを水またはぬるま湯で服用します。
服用回数は1~2錠です。 効果が高いので、いきなり大量に服用するのではなく、少量から始めると良いと思います。

服用後1時間ほどで利尿作用が現れ、効果は6時間ほど持続します。
また、効果の出現時間や効果の持続時間を考慮して服用する必要があります。

ラミックスを服用する時間帯は基本的に食後ですが、寝る前に服用すると夜中に何度も目が覚めてしまい、睡眠不足になる可能性があります。
可能であれば、朝や日中など、トイレに行っても問題ない時間帯に服用することをおすすめします。

また、増量したい場合は、自己判断で増量するのではなく、主治医に相談してから行うようにしましょう。