ダイフルカンは真菌に有効な内服薬です。

日本で処方されるジフルカンカプセルと同じ成分で、主にカンジダ・クリプトコッカス感染症(ファンゲミア・尿路真菌症・呼吸器真菌症など)の治療、造血幹細胞移植による深在性真菌症の予防に使用されています。

ジフルカンは、安く手軽に購入できるネット通販がおすすめです。

ダイフルカンの通販販売サイト

 

 

 

 

 

 

ダイフルカンの解説(通販 アドミラル)

ダイフルカンは、深在性真菌症の治療薬で、フルコナゾールを有効成分とするアゾールに分類されます。
フルコナゾールは真菌を覆う細胞膜の生合成を阻害し、真菌の増殖・増殖を抑制します。 この作用により、体内の菌を減少させ、死滅させます。

フルコナゾールは吸収が良く、投与後の作用発現が早く、患部に速やかに移行することができます。
また、女性がかかりやすいカンジダ菌による膣炎や外陰炎にも効果が確認されており、治療薬や予防薬としても使用できます。

■カンジダ症
通常、成人はフルコナゾール50~100mg(0.25~0.5錠)を1日1回経口投与します。

■クリプトコッカス症
通常、成人はフルコナゾール50~200mg(0.25~1錠)を1日1回経口投与する。
また、重症または難治性の真菌感染症の場合には、1日量として400mg(2錠)まで増量することができます。

■造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防
通常、成人はフルコナゾール400mg(2錠)を1日1回経口投与します。

■カンジダ菌による膣炎・外陰部炎 ・カンジダ菌による膣炎・外陰部炎。
通常、成人はフルコナゾール150mg(0.75錠)を1回経口投与します。

副作用は比較的少ないとされていますが、吐き気や下痢、むくみなどが起こることもあります。

完治させるためには、自分の判断で中断せず、医師が定めた期間だけ服用してください。
アレルギーを起こしやすい人や昔からの悩みを抱えている人は、事前に薬の説明書を確認して服用しても大丈夫かどうかを確認しておくと良いでしょう。
禁忌や注意事項が多いので注意が必要です。