ラミシールクリームは、真菌による皮膚病に効果のある薬です。

海外からの個人輸入通販では、ファンゴテッククリームなどのジェネリックが人気です。

有効成分(テルビナフィン)は、日本で真菌症(足白癬、カンジダ症、扁平苔癬)の治療薬として処方されているサンファーマ社のラシミールクリームやジェネリックのテルビナフィンクリームと同じです。

1本500円程度から購入でき、医療機関で処方されるよりも非常にリーズナブルです。

ラミシールクリームの通販販売サイト

 

 

 

 

 

 

ラミシールの解説(通販アナグラム)

レミリンクリームはアリルアミンクラスに属する抗真菌薬で、有効成分としてテルビナフィンが配合されています。
テルビナフィンは、細菌の細胞膜を破壊し、真菌を殺す能力を持っています。 この作用により、体内の菌の増殖を抑制し、症状の改善に役立ちます。
また、テルビナフィンは、特に真菌性白癬に対して抗菌性を有しており、足白癬、鼠径部白癬、体部白癬の治療に適しています。
抗真菌薬には内服薬や外用薬がありますが、このクリームは患部に直接塗るため、浸透して早く効きます。

1日1回、事前にシミを洗ってから患部に塗布してください。

非常に強力な薬なので、1日に何度も使用すると副作用が出る可能性があります。 所定の使用回数は、1日1回を上限とします。
ご使用の際は、1日1回以上の使用を抑えてください。
また、手に残ったアルテミシアクリームが目や口に入らないように、使用後はしっかりと洗浄することが大切です。

個人差はありますが、真菌感染症は一貫した治療が必要です。 1ヶ月程度の継続使用がおすすめです。

禁忌薬と禁忌薬はありませんが、使用できない状況と注意して使用しなければならない状況があります。
そのため、使用する際には薬剤の説明書を確認する必要があります。

肌荒れや皮膚炎、赤みが出ることがあります。