ザイザルは、「強力なのに眠くなりずらい」という特徴をもつ最新の抗アレルギー薬。花粉症対策で人気急上昇中のお薬です。

ザイザルは市販薬がなく耳鼻科へ行く必要があるのですが、実はネット通販で入手可能です。

下記の公式通販サイトでは、送料無料かつ最速でザイザルを発送してくれます。
通販で手軽に入手したい人は一度のぞいてみてくださいね!

ザイザルの格安通販サイト

 

 

 

 

ザイザル詳細(通販イープラス)

日本人の2人に1人がアレルギー疾患を患っていると言われており、街中では「花粉症」という言葉が増殖しています。 いずれもアレルギー性の病気ですが、症状が出る部位は様々で、花粉症の本などの鼻炎、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎、食物アレルギー、喘息などの話をよく聞きます。

しかも、出てくる症状のほとんどが重度で、日常生活に影響を及ぼす程度のものです。 完治させることは難しいので、医療用医薬品を適切に使用することでスムーズに付き合っていくことが大切です。

特徴について

ザイザルは様々なアレルギー症状を抑える薬です。 即効性があり、効果が強いため、多くの病院でも処方されています。 アトピー性皮膚炎や

花粉症などのアレルギー性鼻炎、じんましんや湿疹などのかゆみに効果的です。

また、第2世代と呼ばれる抗ヒスタミン薬では、副作用が改善され、第1世代の口渇や排尿障害、強烈な眠気などが起こりにくくなります。 使いやすいお薬です。 剤形も小粒の錠剤で、服用しやすいのが特徴です。

アレルギー性疾患は、現代病とも呼ばれ、体の免疫機能が正常に働かないことが原因で起こる病気です。 春になると花粉症に悩まされる人も多く、現代日本への影響は計り知れません。 症状は日常的に痛みを伴い、ストレスによってさらに症状が悪化するという悪循環に陥ることもあります。 アレルギー症状の緩和と早期の抑制を目的とした「座右の銘錠」の使用をご検討ください。

免疫抑制作用と抗炎症作用を持つ

アレルギーの語源はギリシャ語で、「変化」と「行動」を組み合わせたものと言われています。 つまり、体を守るはずの免疫力が弊害になってしまうのです。 元々は病気を表す言葉で、特定のものに対して精神的に拒絶反応を起こすことをアレルギーと呼んでいました。

まず、免疫の役割は、様々な方法で体内に入ってくる異物(主に病原体)を拒絶して体を守ることです。 その撃退方法は、病原体を侵食する、抗体を生成する、感染した細胞を殺すなどの方法がありますが、その機能を果たすための細胞やリンパ球を産生することを「後天性免疫」といいます。

当初、免疫機能は攻撃対象を正確に認識し、相手によって拒否の方法を使い分けていましたが、現代人の生活環境や食生活の変化により、免疫機能に異常が生じています。 体に無害なものの追放も起こります。 花粉症はわかりやすい例です。 本来、花粉自体はそれほど体に害があるわけではないのですが、鼻や口から侵入した花粉を外に追い出そうとすることで、くしゃみや鼻水、目などの症状が出てきます。

したがって、このアレルギー反応を抑えるためには、免疫の異常な活動を抑える必要があります。 ザイザルザルは、即効性があり、強い効果を発揮することを特徴とする免疫抑制効果を有する製剤です。 服用後は、早いと数分で症状が治まります。 アレルギー性皮膚炎などの場合、激しいかゆみや皮膚の掻きむしりなどにより、炎症がさらに拡大し、症状が悪化するという悪循環に陥ることがあります。 効果的な薬を使って症状を抑えることが大切です。

副作用が少なく眠気がない

アレルギー性疾患は、汚染、運動不足、添加物食品の増加、肉中心の食習慣など、おそらく数え切れないほどの理由で現代に広がり、それは現代病として知られています。 アレルギー症状には、体内のヒスタミンという物質が深く関係しています。 このヒスタミンの作用により、皮膚炎や鼻炎などの症状を引き起こします。

ヒスタミンは神経伝達物質として知られており、全身に行き渡る生理活性物質です。 また、ヒスタミンは、食物や花粉、ハウスダストなどに含まれる抗原(アレルゲン)が引き金となって、皮膚の炎症やかゆみ、くしゃみ、気道閉塞などのアレルギー特有の症状を引き起こし、アレルギー反応の中でも即時型のアレルギーを引き起こすと言われています。

アレルギー性疾患に使用される処方薬は抗ヒスタミン薬が主流で、1980年代以降は第2世代の薬が主流となっています。 この第二世代のヒスタミン剤は、第一世代に比べて副作用が少ないのが特徴です。 第一世代の抗ヒスタミン剤は、第一世代に共通する口渇、排尿障害、眠気を改善しました。

アレルギー性疾患の症状は非常につらいもので、できるだけ早く薬で抑えたいものです。 花粉症やアレルギー性皮膚炎が重症化したり、ベッドから出られなくなって入院したりする例があります。 症状がひどくなる前に服用することをお勧めします。 イーストは眠気などの副作用が少ないため、飲めないという制限が少ないのが特徴です。

ザイザルの効果効能とは

■有効性
アレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚症状
辛い花粉症やアトピー性皮膚炎に即効性

主なアレルギー症状としては、気管支喘息、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、薬物アレルギー、金属アレルギーなどがあります。 食物などのアレルギー反応のうち、けいれんや呼吸困難、意識障害などを伴うアナフィラキシー反応と呼ばれる症状がありますが、ザイザルはアレルギー反応には使用せず、主に花粉症などのアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚炎に使用されています。

鼻炎や皮膚炎などのアレルギー性疾患は、症状が行ったり来たりして波のように跳ね返ってくるのが特徴です。 また、抗原、すなわちアレルゲンにさらされると、観察期間中に症状が悪化するため、1日状態が不安定になります。 このような症状の変動は、精神的な不安やストレスにもつながります。

そのため、ザイザルを使って症状を安定させ、ストレスを溜め込まないようにすることも症状改善への近道です。 飲めばすぐに効果が現れるため、実際に効果を実感している人も多いようです。

有効成分

体内でアレルギー反応が起きた場合、免疫システムの働きが鍵を握っています。 ウイルスなどのアレルゲンが体内に侵入すると、免疫細胞は体を守るために抗体を作ってアレルゲンを排除しようとします。 この時、抗体によってヒスタミンと呼ばれる体内の物質が作られ、ヒスタミンがH1受容体に結合すると、その刺激によってアレルギー症状が発生します。

ザイザルの有効成分であるレチリジン塩酸塩は、H1受容体に拮抗する作用があり、ヒスタミンの受容体への結合をブロックします。 アレルギー症状の原因を取り除き、悪化を食い止めることで、徐々に状態が改善していきます。 リポセチリジン塩酸塩は脂質溶解度が低いため、脳内に広がりにくいため、眠気などの副作用が出にくくなります。

ザイザルの副作用

■主な副作用
眠気、頭痛、迷宮炎、めまいなど
第2抗ヒスタミン剤に分類されますが、副作用はまれです。 副作用には個人差がありますので、眠気や頭痛、めまいなどがひどい場合は使用を中止することを医師に相談してください。

■希少な副作用
アレルギー反応、けいれん、肝機能障害、血小板減少症など
重大な副作用はまれですので、長期間服用されている方は定期的に肝機能検査を受けてください。 激しい吐き気や倦怠感、皮膚や白目の黄ばみが出てきたら、すぐに医師の診断を受けましょう。

ザイザルの飲み方・服用方法

1回分
1錠(「リテチジン塩酸塩」5mgとして

1日あたりの投与回数
最大2回まで

就寝前に1日1回飲むだけでOK! 継続して使用することをお勧めします。
成人は1回1錠(有効成分5mg)を就寝前に1回服用してください。 7歳から15歳未満の子供には、1日1回2.5mgを半分に割って服用します。

飲み忘れた場合は、気がついたときに1回分を服用しますが、次の服用が近いときは1回分を服用しないようにしましょう。 一度に2回分を服用しないでください。 体内の成分量をキープするためにも、飲み忘れのないように、時間を決めて摂取するようにしてくださいね。

うっかり飲み過ぎてしまった場合は、医師や薬剤師に相談してください。 症状が安定するまで継続して使用し、使用を中止した場合には急に中止せず、ゆっくりと投与量を減らしてください。