アレグラは眠くなりにくく、早めに服用すると花粉症に効果的なお薬です。抗ヒスタミン剤の中で最も人気のある商品ですね。

実は、アレグラは耳鼻科へ行かなくともネット通販で購入できるんです。

下記の公式通販サイトでは、1錠30円ほどの激安価格でアレグラを販売しています。
コスパ最高のアレグラを通販したい人はぜひチェックしてみてくださいね!

アレグラの格安通販サイト

 

 

 

 

アレグラ詳細(通販 チャレンジャー)

アレグラジェネリックは、サノフィ・アベンティス社(サノフィ・アーベンディス社)が製造販売している薬です。 エリクシールはフェキソフェナジンを主成分とした抗ヒスタミン薬の一つで、眠くなりにくいという一番の特徴があるので、ドライブの機会にも日中にも安心して使用することができます。 眠くなりにくいですが、マイルドな効果があるので、花粉症の症状が悪化する前に服用したり、鼻炎の予防にもなります。

花粉症などの季節性鼻炎、ハウスダストなどが原因のアレルギー性鼻炎に効果があり、通年で活動しています。 また、テレビCMでもお馴染みのODロックやジェネリック医薬品、市販薬もあり、今では広く販売されています。
また、じんましん、湿疹、そう痒症、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の治療には、アレグラは非常に効果的な薬だと言われています。

アレグラの特徴とは?

花粉症治療薬は服用すると眠い印象がありますが、アレグラは花粉症治療薬の中でも眠気が少ないことでも知られている抗ヒスタミン剤です。 睡眠不足のエリクシールは、アレルギー性鼻炎の発症を遅らせるための予防としても効果的です。

特にくしゃみや鼻水に効果があり、アレグラは花粉症やハウスダストによる通年性鼻炎の緩和やじんましんの治療にも使われています。 かゆみの症状を抑える効果もあると言われているので、じんましんなどの皮膚疾患にも使用されています。

眠くなりにくい抗ヒスタミン剤

アレグラは眠くならない花粉症の鼻炎を抑える効果が強いほど、眠気の副作用が強くなります。 アレグラは鼻炎を抑える効果が少ないため、眠気が軽減されます。 逆に言えば、エライドリンには鼻炎を抑える効果はあまりないと言えます。 しかし、最初から強い薬を飲んでいると、体もすっかり慣れてしまうことがあります。

特に普段から運転する機会が多い方は眠気が強くないので、エリクシールはとても便利です。 日中に眠くなるのが心配な方でも、安心して服用できます。

花粉が飛ぶ前に服用しよう

花粉症に弱い効果を利用する賢い方法として、症状が悪化する前に、エライオフィリンの服用を開始することをリストアップすることができます。 そうすることで、花粉症の発症を防ぐことができ、花粉の季節を乗り越えることができます。 予防として服用する期間は、ピークを迎える2週間前から始めるのがベストです。

2月、4月のスギ花粉の飛散が激しい時期の対策として、1月中旬から下旬にかけてアレグラの服用を開始しましょう。5月以降は徐々にスギ花粉が落ち着き始めますが、6月上旬の対策までは途中で服用を止めないようにしましょう。

3月から5月にかけて飛散するヒノキ花粉に対抗するために、2月下旬からアレグラの服用を始めましょう。 また、5~6月は花粉の飛散量が多いので、「夏の花粉症」とも呼ばれるアレグラの花粉対策を4月中旬から準備しておくと良いでしょう。

「秋の花粉症」とも呼ばれる晩夏から秋の飛散までのブタクサや腐葉土の花粉測定は、8月上旬から中旬頃がベストな時期とされています。

アレグラの効果効能

■有効性
アレルギー性鼻炎
じんま疹
皮膚疾患(湿疹、皮膚のかゆみ、アトピー性皮膚炎

アレグラは、スギ、シルクヒノキ、イネなどの植物の花粉による鼻水、鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー性鼻炎を緩和します。 対策をする場合は、花粉症の発症前に服用するのが効果的で、花粉飛散のピークの少し前にアレグラを服用することで、鼻炎の症状の悪化を防ぐことができます。

また、アレグラはじんましんやアトピーなどの湿疹、皮膚炎、そう痒症などによるかゆみを緩和し、症状を改善するレメディとしても効果的です。

有効成分

フェキソフェナジンは、ヒスタミンとヒスタミン受容体の結合を阻害します。
アレルギー性鼻炎の原因はヒスタミンとヒスタミンH1受容体の結合ですが、アレグラの有効成分であるフェキソフェナジンはH1受容体拮抗薬としても知られており、それを阻害します。

免疫系の細胞は、植物の花粉などの刺激がアレルギー反応を引き起こすと、ヒスタミンなどの科学的に伝えられた物質を放出します。 ヒスタミンがH1受容体に結合すると、その刺激によって鼻炎などのアレルギー反応が誘発されます。 フェキソフェナジンは、ヒスタミン受容体を遮断するだけでなく、ロイコトリエンなどのアレルギー関連の化学伝達物質の放出を抑制することで、アレルギー反応を緩和します。

アレグラの飲み方について

1回分
30mg錠・・・2錠
120mg錠・・・・1/2錠
180mg錠・・・・1/3錠
(フェキソフェナジン60mgとして)

1日あたりの投与回数
2回(朝・夕)

フェキソフェナジンの成分量は、1回分が60mgです。 120mg錠と180mg錠の場合は、分割して後から服用することに注意してください。

また、エリクシールは食後に服用すると効果が若干低下することがあります。 そのため、一般的には食前にエリクシールを摂取するのが良いとされています。

効果は錠剤を服用してから30分後に始まり、約10時間持続します。
エリクシールは、服用後30分程度で効き始め、2時間で効果のピークに達するという比較的即効性の高い薬です。 服用後10時間程度から徐々に効果が薄れていきます。