フィンペシアは製薬大手Cipla社が製造するプロペシアのジェネリック薬です。
日本では10年以上前からの定番商品で、品質の高さに定評があります。

値段も非常に安く、1日あたり30円前後のコストで済むため、長期服用にも適したジェネリックです。

下記の通販サイトでは、送料無料で最速でフィンペシアを発送してくれます。

フィンペシアの最速通販サイト

 

 

 

 

 

 

フィンペシア ジェネクリ代行【商品詳細】

フィンペシアは男性型脱毛症に効果的な内服薬です。
日本国内においては未承認のため病院で処方されていませんが、世界的に有名なAGA治療薬プロペシアと同じ有効成分を含有したジェネリック医薬品のため、安心してお試しいただけます。また、価格はプロペシアの約1/5なので、これまで金銭的な理由でAGA治療を続けられなかった男性に最適です。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、進行性の脱毛症のため放置すると薄毛が進行します。
原因はいくつか挙げられますが、主な原因は男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)と言われています。DHTはテストステロンと5-α還元酵素の結合によって産生され、毛母細胞の働きを阻害する作用があります。その結果、ヘアサイクルが乱れて新しい毛髪が育ちにくい状態となります。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドには、テストステロンと5-α還元酵素の結合を抑制する作用があります。この作用によってDHTの産生量が減少し、ヘアサイクルが正常になります。
また、フィナステリドには発毛効果もあるため、単体の使用でも毛髪の成長を促します。
ただし、AGAの症状が進行している場合には、ミノキシジル配合商品との併用が推奨されています。ミノキシジルは発毛に優れた作用を持ち、併用することで確実なAGA改善効果が期待できます。

なお、フィンペシアを製造販売しているのは、インドに本社を構えるCipla(シプラ)社です。
ジェネリック医薬品をメインで展開しており、インド国内では最大規模の製薬会社となります。低価格でありながら高品質の医薬品を提供しているため、シプラ社製品は世界中で信頼されています。

副作用

発生頻度は低く軽度であるものの勃起不全、性欲減退、精子減少などが報告されています。
また、ごくまれに重度な肝機能障害が現われる場合もあります。重たい副作用が出た場合などは、すみやかに専門の医療機関にて診察を受けてください。

用法・用量

通常、成人は1日1回、フィナステリドを0.2mg水やぬるま湯と一緒に服用します。

なお、症状に応じて適宜増量していただけますが、1日の最大服用量はフィナステリド1mg(1錠)までとなります。

服用のタイミングは食前食後いつでも構いませんが、毎日同じ時間に服用することが大切です。
フィナリステドの血中濃度を一定に保ち、安定した治療効果を発揮します。
服用を忘れることを防ぐためにも、時間を決めておくことをおすすめします。

AGAのタイプ、進行の程度によって効果の実感には個人差があります。
効果を実感できるまで3~6ヶ月以上かかるため、継続して服用するよう心がけましょう。

注意点

服用を忘れた場合には思い出したときにすぐ服用してください。ただし、次の服用時間が近い場合には服用しないでください。2回分をまとめて服用しないこと。
本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方は使用できません。
男性用商品となりますので女性は使用できません。
高齢者や18歳未満の方は副作用が出やすいため使用できません。
本剤を分割や粉砕した場合には、妊娠中(可能性含む)や授乳中の女性は触れないようにお気をつけください。
前立腺検診を受ける予定がある方は、検査前に医師に本剤服用中とお伝え下さい。
他の医薬品を服用されている場合は、服用前に医師や薬剤師へ相談して下さい。
温度や湿度が高い、直射日光の当たる場所を避け、できるだけ涼しい場所で保管して下さい。
小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。